司法書士とは

世の中には名前は知られているけれど、普段どんな仕事をしているのかよく分かっていない職種というものが多くあります。その1つに『司法書士』がある。似たような職種も存在しているが、普段の業務としてどんなことをしているのか。このサイトはそんな司法書士について紹介していきます。

司法書士とは何か

よく聞く名前だけど

司法書士、この職業の名前はインターネットないしテレビを始めとしたメディアを通していれば頻繁に聞く言葉ではないか。あるいは電車内にある広告で見かける言葉でも構わない、とりわけ筆者は何かと司法書士という言葉を見かけているので、その実態を詳しく知る以前からよく耳にしていた。一時期は法律関係を学ぼうとして目指したこともあったが、興味本位だったためにすぐ諦めてしまったものの、今では持っていれば困ることはなかったのではないかとも考えている。

司法という言葉を用いているだけあって、書士としての仕事は常に法律を順守して行っていかなくてはならない。同じことは誰にでも、司法書士であろうとなかろうと法律を守らなくてはいけないのは常識ではあるが、とりわけ罰則事項は厳しいと見ていい。どんな仕事も法律による庇護を持ってして行われ、業務に携わっている人たちも法律から与えられる恩恵を持ってして、日々の生活を営むために働いる。こう考えると色々感慨深いところでもあるが、普段から法律について考えているかと言われるとかなり曖昧なところだ。

普段の仕事が法律と関係している、なんて言われても実感はない。それこそこうして記事を執筆している時も守るべき法律があるのかと言われると、おそらく山程存在しているだろう。詳細に把握せずとも、倫理的な面から見ても守らなくてはいけないことはかなりあるでしょう。同様に司法書士として活動している人もまた、同じく法律を基準にして業務を執行していかなくてはなりません。

そうした点を考えると、司法書士とは普段どんな仕事をしているのかという話に、実は関係していたりする。それというのも司法書士とは、国民の権利や擁護といった面をキチンと示すために公正な社会を実現させるために日々活躍しているのだ。

司法書士としての使命

司法書士という職業は、法律を順守すると同時に一般人が生活していく中で困ったことがあったら支えていこうというものだ。ものすごく大雑把に抽出して言葉にしてみたが、大方間違ってはいないでしょう。それを基本的に行うものとして、司法書士として国民一人一人が与えられている権利をきちんと遂行できるようにすることに、全ての使命が集約されているのだ。それは彼らが働く上での職務倫理に呈し、原動力ともいうべき働く意義と言っても過言ではない。

司法書士として働くためにどんな心構えが必要なのか、そして何をどのようにしていくべきなのかを考えていくと次のような点を特に重視するべきとしている。

司法書士の心構え

法律を守るものとして

先に言っておくと司法書士は弁護士とは全く違う。それに近い仕事をしているではないかと、そう感じている人もいますがそれはそれで問題ではありません。業務を行う際、司法書士に赦されている範囲での仕事であれば、弁護士の了解を得ずとも業務を執行できるのが特徴となっている。ただそれらは基本的に上記に紹介した心構えを元として行うべきものである。それこそ言ってしまえば、何かしらの業務を依頼する際には基本、重要な書類を取り扱う仕事でもあった。

そのため司法書士とは信頼あってこその仕事であり、職種なのです。いきなり漠然としすぎていると感じる人もいると思いますが、司法書士とはそういうものだと言われたら、そうだといって納得しなくてはなりません。また誰かに肩入れしてするのではなく、誰に対しても法律を履行できるようにという中立的な立場を重んじなくてはならないとしているくらいだ。

司法書士の規律として

司法書士として活動する際、一番面倒な部分はむしろ心構えを理解するよりも仕事を行う上で守らなくてはならない規律という面が挙げられる。司法書士とは弁護士とは違っていても、立場や資格から法律を守らなければならない仕事で、言ってしまえば司法に管理される役人ともいうべき一角なのだ。包括的に見ればその全ての権限ないし業務を行えるのが弁護士であって、司法書士とは弁護士が出来る仕事の一部を行えるというのも特徴の1つ。

司法というものに管理されているとなれば、当然守らなくてはならない決まり事の数は非常に多くなる。同じ国家資格ではあるものの、弁護士と司法書士との間では行える仕事の種類に違いはあれど、同じくらいに厳しい規律によって管理されていなければならない。

司法書士として順守しないといけないこと

司法に統治されている司法書士ですが、弁護士と同じくらい守らなくてはならない規則が多数存在している。主にどんなことを守っていかなくてはならないのかと言うと、

このようになっている。

業務をする上でも守らなくてはいけないことは山積みですが、それは例え司法書士を引退などした後であってもだ。例え辞めた後であっても責任はつきまとい、どんな理由があったとしても業務で知り得たことは隠し続けなければならないのだから辛いと、一言では片付けられません。

また司法を遵守するものであること、これを含めて違法行為に手を染めることも禁止されているのは例外なく禁じ手だ。ただそれでも色々な理由からそうした違法行為へと足を突っ込んでしまう人もいるため、色々な問題が根を張っているよう。

詳しく見ていくと

こうした問題を更に深くまで掘り下げていけば、普段の業務でも些細な事が実は司法書士として認められていない、違法行為だったりすることもある。そんなこと聞いていないと言い訳しても聞く耳持たずで処罰の対象となる。

弁護士も相当セオリーな仕事ではあるが、守らなくてはいけないことややってはいけないことなどが山積みだ。仕事内容は似ているものの、異なる職種である司法書士にも弁護士と同等の責任がつきまとうのも一種の特徴といえる。

MENU